インディペンデントのアートアーカイブの意味 Introduction of Independent Art Archives in the world

カルチュラル・タイフーン2019 参加企画

日にち:2019年6月2日(日) 
場所:慶應義塾大学三田キャンパス大学院校舎357A教室
主催:カルチュラル・タイフーン2019・カルチュラルスタディーズ学会
(共催:三田哲学会)
企画: IPAMIA
*参加費:プロジェクトワークスのみの観覧は無料(その他パネル発表の参加費は別途必要) 詳細は以下のパンフレット6頁をご参照ください。
http://cultural-typhoon.com/act/jp/wp-content/uploads/20190428_4thsingle.pdf

*展示 10:00〜18:00 (映像上映 12:00〜15:00/16:30〜18:00)
IPAMIAが所蔵するパフォーマンスアートに関する資料、記録映像の上映
をおこないます。IPAMIAメンバーの山岡、清水、北山が解説します。たくさん用意しますので、来た方のリクエストで上映する、というシステムの予定です。

さらに、本企画にご協力頂いた海外の草分け的な、以下の4つの独立系アートアーカイヴ(香港、ケルン、シンガポール)についての活動内容も紹介します。

Asia Art Archive (Hong Kong)
Black Kit (Koln, Germany)
Singapore Art Archive Project(Singapore)
Independent Archive (Singapore)

*トーク 15:00〜16:30
IPAMIA実践報告 -インディペンデントでアートアーカイヴすることの意味
IPAMIAメンバーの狩野と宮川が、IPAMIAの活動報告ならびに上記の4つの海外の独立系アートアーカイヴへのインタビュー報告、さらにコレクティヴとしての活動について発表します。

後半では、以下のお二人の先達のアーキビストを、ゲストとしてお招きし、インディペンデントのアートアーカイヴとして設立の経緯などをお聞きし、今後の課題と展望について、ディスカッションします。

森下 隆さん (慶應義塾大学アート・センター「土方巽アーカイヴ」)
長沼宏昌さん (写真家)