Independent Performance Artists’ Moving Images Archive (IPAMIA) is a collective and its archive of digital moving image documentation of performance art. Its collection contains not only videos/films but also the digitized texts and printed matter offered by artists being in and from various regions. The main focusis the performance art presented in and after around 1980.

IPAMIA was founded in 2016 and has held events since 2017 to introduce its achievement to the public, where now totally 8 members are engaged in the team process with their skills and expertise. The aim is sustainable distribution and share of knowledge to society through both online public access to the archival data and research in the related field. IPAMIA appreciates cooperation with other archives and organizations for networking as well as future plans including the possibility of donating and transferring its collection. 

パフォーマンスアートのデジタル映像記録のアーカイブとそれを運営するコレクティブ。出身、在住地域が様々なアーティスト達が保有していた映像データを主体に、テキストデータや印刷物のデジタルデータも含め、アーカイブ化。およそ1980年以降に行われたパフォーマンスを対象としている。

2016年に設立後、2017年よりアーカイブを紹介するイベント等の活動を開始。現在は8名のメンバーがそれぞれの得意分野を生かして活動している。インターネット上でのデータの公開や関連分野の研究活動を通じて、社会における継続的な知の共有を目指す。ネットワーキング、将来的な所蔵データの寄贈や引き継ぎといった、他のアーカイブ組織との連携を視野に入れている。


山岡さ希子 Sakiko Yamaoka
金子望美 Nozomi Kaneko
宮川緑 Midori Miyakawa
北山聖子 Seiko Kitayama
井出竜郎 Taturo Ide
清水恵美 Megumi Shimizu
狩野愛 Ai Kano
芹澤采 Aya Serizawa

問い合わせ:
ipamiarchive@gmail.com