パフォーマンスアートの表現が、芸術表現のひとつとして認識されるようになったのは1960〜70年代です。一般的に、パフォーマンスというと、演劇やダンスを連想される方が多いかもしれません。しかし、当初はハプニングまたはイベントと呼ばれ、その名の通り、決して練習し「上演する」ものではありませんでした。それは、アーティストがその身体を使い、生の、作り物ではない「出来事を起こす」といったもので、しばしばセンセーショナルな騒ぎとなりました。それらのハプニングやイベントは、当時の若者たちの反骨精神を反映した、一種の「表現の発明」と言っても良いでしょう。
こういった実践は、80年代以降、パフォーマンスアートと呼ばれるようになり、ビデオなどのメディアを使ったものや、観客参加型、ディスカッションを取り入れて、交流のツールとしての特徴が見られるようになります。
さらに21世紀になると、アーティストたちによるパフォーマンスは、グローバル化する世界の中でさらに展開していきます。アーティストたちは、世の中の時流に対抗するかのように、個人の身体、つまり“身ひとつ”という徹底したローカルさ(身体)を、むしろ意識するようになり、個人的で静謐な空間や内向的な表現を探求する傾向が強まっていきました。また、パフォーマンスの参加や交流のしやすさから、リレーショナルアート的なものにも活用されるようになりました。その一方、社会的な混迷と抑圧に対し、強く、あるいは皮肉な態度を示すアクションとしてのパフォーマンスを、より先鋭化したスタイルで打ち出すアーティストたちも出てきました。 
 パフォーマンスアート。それはもはや、決して先端的な前衛とは言えない表現形式ではあるかもしれません。しかし、むしろデジタルとアナログの区別がなくなったポストメディアの時代である現在、これからがアーティストたちが身体の存在を見直し、表現のツールとして、ますます生かしていく表現分野であると言えます。

It was during the1960s to the1970s that performance art became recognized as one of forms of art. Generally speaking, people might imagine a performance as something similar to a theatrical act or a dance. However, in the first place, people used the terms such as happenings and event, to describe “performance art”. It was literally not something to be trained and to be “performed on stage” like a theatrical act or a dance. 

Happenings and event were presented by artists using their own bodies. They were “raw”, inartificial making of “an event”, which often caused a sensation. They were a reflection of rebellious spirit of younger generations at that time, so to speak, an invention of a new mode of expression.  These practices were called performance art after the 1980s. Later some integrated different media (such as videos), when others introduced participatory styles(such as discussions) that made them an interactive tool among the people who are involved with. 

In this global era of the 21st century, a journey of performance art is proceeding by artists all over the world. The artists have become more aware of their own bodies, in other words, of one’s very self, as if each of them is going against the waves of globalization alone. They have investigated more personal, intimate expressions and more tranquil space. From the nature of performance art to encourage participation of audience and interaction with others, it gradually has become utilized in relational art practices. On the other hand, some artists have addressed performance art in more radical way as an action to express intense or ironic attitudes towards chaos and repression of society.

Performance art may no longer be a radical, avant-garde form of art. However, since we have lived in the age of post-media where the boundary between the digital and the analog is blurred, artists are urged to reconsider the existence of the body. In this sense, when artists use their own bodies as a tool of an expression, performance art would take a more important part.