history of IPAMIA

<バックグラウンド>

現在、6人のメンバーで運営しているIPAMIAですが、はじめたきっかけは、現在IPAMIAの代表をしている山岡さ希子に起きた、個人的で小さな事件にあります。

パフォーマンスアーティストの山岡は、1992年から、ヨーロッパやアジアなどをパフォーマンスイベントに参加するために旅をしていました。2002年頃からは、当時ようやく廉価になったハンディのビデオカメラを持って、自身のパフォーマンスだけでなく、同じイベントに参加していた様々なアーティストの作品を撮っていました。そして、それらは、2015年頃までには、外付けハードディスク3台いっぱいに収められていたのですが、ある日、そのうちの1台のデータがいっぺんに全部飛んでしまうアクシデントがありました。そして、山岡はかなりのショックを受けます。そうして彼女は、エフェメラな表現であるパフォーマンスアートの、その資料であるデジタルデータもまた、かなりエフェメラであることに気づきました。

IPAMIA is currently working by 7 members, but it all started because of a small personal incident that happened to a performance artist, Sakiko Yamaoka, the founder of IPAMIA.

Since 1992, she has been travelling around Europe and Asia to participate in performance events, and since around 2002, with a handheld video camera, which at that time had finally become affordable, she started to record not only her own performances but also those of various artists who were participating in the same events. By 2015, she had three external hard drives full of footage, but one day, one of the hard drives lost all its data at once. It was quite a shock for her. It was then that Yamaoka realized that the ephemeral nature of performance art, and the digital data that is its source material, is also quite ephemeral.

<アーカイヴの設立>

貴重な作品の記録を、未来に渡って保護保存する方法をあれこれ考えました。ハードディスクの定期的な買い替え、バックアップ。しかし、それだけでは個人のモノとして終わってしまいます。貴重なものも少なからず。そこで、それらをアーカイヴ」にしようと思いつきました

まず、動画サイトのアカウントとFacebookに「Performance Art Moving Images Archive Hechima」という名前のページを作りました。さらに、方向性を模索する中、名前に「Independent Performance Artists」という言葉を加え、アーティスト視線のアーカイヴであることを大事にしようと考えました。そこで、当時、近くにいたアーティストたちとの協力し、2016年5月、正式にアーカイヴは「設立」しました。

Yamaoka have been thinking about how to protect and preserve the records of our precious works for the future. Regular hard disk replacements and backups. But that’s the end of the story for private.  And then she decided to make an “archive” of them in public.

First of all, she created a video site account and a page on Facebook called “Performance Art Moving Images Archive Hechima“. Furthermore, while searching for a direction, she decided to add the words “Independent Performance Artists” to the name and to emphasise the importance of the archive being an artist-facing archive. Finally in May 2016, in collaboration with some artists who were nearby at the time, the archive was officially ‘founded’.

2017年からは、年に2回くらいのペースで、都内で紹介イベントを開き始めました。そして、少しずつ、知られ、このアイデアに賛同/応援する人たちが、それぞれの興味やスキルを持ち寄って協力するようになりました。2018年12月には、web siteを開設しました。データは、山岡が持っていたものに加えて、メンバーであるアーティストの北山聖子の手持ちの動画も加えました。また、アーティストたちにコンタクトをとり、少しずつですが、データを寄贈してもらっています。

アーカイヴは、様々な個性的なアーティストの作品記録を残すことが目的なので、地域、性別、政治的立場、テーマなどを絞ることはしていません。だからと言って、パフォーマンスアートのデータを全世界網羅的に集めることは不可能です。現在、7人がメンバーですが、皆、他に仕事を持ち、ボランティアで参加していますので、正直、なかなか、作業はすすみません。それでも、時に勉強会を催し、時間を作りミーティングをし、どんな方向/方針を持つべきか、話し合っています。たとえば、大きな美術館や大学などが、集中して収集している資料は、そちらにお任せてしても良いと考えます。むしろ、このアーカイヴは、私たちが活動する中の出会いから、縁があったり、興味を持った作品、アーティスト、プロジェクトを一つ一つ、資料にする、というので、良いのではないか。それは一種のいい意味での魅力あるローカリティではないでしょうか。そして、それが結果的にアーカイヴの個性になればと考えます。

Since 2017, we started to hold introductory events in Tokyo, about twice a year. Little by little, it became known, and people who agreed with/supported the idea began to collaborate, bringing their own interests and skills. In December 2018, we launched the web site. and in addition to the video data Yamaoka had, we also added the videos of member artist Seiko Kitayama. We are also contacting artists and asking them to donate their data.

The aim of the archive is to document the work of a wide range of unique artists, so we have not focused on any particular region, gender, political affiliation or theme. That said, it would be impossible to collect all the data on performance art in the world. At the moment we have seven members, all of whom have other jobs and participate as volunteers, so to be honest, it’s not easy to get things done. Nevertheless, we have occasional study sessions and meetings to discuss what direction we should take. For example, we believe that if a large museum or university is collecting materials in a concentrated way, it is fine to leave it to them. Rather, this archive should be a document of the works, artists and projects that we have encountered in the course of our activities and that we have had a connection with or interest in. It’s a kind of attractive locality in a good way. And we hope that this will result in an archival character.