archive : トモトシ tomotosi

archive : トモトシ tomotosi

photo : Fujita Naoki

English 

1983年 山口県生まれ、現在東京を拠点に活動。
2006年に豊橋技術科学大学建設工学課程を卒業後10年にわたって建築設計・都市計画に携わる。
2014年より映像インスタレーション作品を発表。「人の動きを意識的に変化させるアクション」をテーマに、都市空間を舞台として制作している。
2020年より西荻窪にトモ都市美術館(現TOMO都市美術館)を企画運営。
主な展覧会に「ミッシング・サン(芸術競技2021)」(代々木TOH、2021)、「ヘルニア都市」(トモ都市美術館、2020)、「有酸素ナンパ」(埼玉県立近代美術館、2019年)、「あいちトリエンナーレ2019」(豊田市、2019年) 、「tttv」(中央本線画廊、2018年)がある。主な受賞に「イメージフォーラム・フェスティバル2019」観客賞、「WIRED CREATIVE HACK AWARD 2019」準グランプリ、「デイリーポータルZ 新人賞2020」優秀賞がある。

「都市空間や公共ルールに歪みを生むアクションを行い、人の動きが変容する瞬間を記録する」ことで制作をしている。アーティストとしてのこの態度は、デザイナーとして建築/都市設計に長年携わって辿り着いた、「建築や都市の完璧なデザインはありえない」という結論から育まれている(人間の、無限にある感情や振る舞いを余さず取り込んで形態化することは不可能なのだ)。都市はもともと不完全なものなのだと分かったときから、都市の使い方自体を更新していくことに関心が移った。それ以来デザインを諦め、アーティストとして新しい都市の使い方の開発を目論んでいる。

トモトシ tomotosi

an artist in tokyo. 地元のアーティスト、一介のコンセプトメイ…
tomotosi.com
 

「ミッシング・ミッシング・サン」2021     (trailer) 

映像、マスク、裁縫道具、掲揚塔

「水の波紋展」2021の出展作品。トモトシの展示は超シンプルで、路上に落ちているマスクを拾って、縫い付けて白旗を作って揚げるというもの。会期中にも徐々に大きくして、最終的に64枚のマスク白旗になった。

 

「東京五輪へ贈る3匹の魚」 2020     (trailer) 

映像 1156秒  撮影:千葉大二郎、宮野かおり

2020724(東京オリンピック2020の開会式の予定日と同日)3匹の魚を、あたかも海の中を泳いでいるように動かし、最後には新国立競技場の敷地内に投げ入れた。

 

 

 

「バリエーションルートα」 2020     (trailer)  

映像713

「バリエーションルートβ」 2020     (trailer)  
 
映像 532

エレべーターやエスカレーターは、 都市における垂直移動のバリエーションルートといえるかもしれない。移動手段が違えば、その設えが要請する人の振る舞いも違ってくる。今回ぼくはその振る舞いへのささやかな抵抗を試みた。

 
 

「美しい日本の私たち」  2019     (trailer)  

映像 11分56秒

トモトシのメッセージは、 「東京オリンピック開催まであとわずか」 「オリンピックには多くの外国人が訪れる」 「だから私たちはもっと美しくならなければならない」 無精ひげ面の彼の胸にはオリンピックのロゴがあり、彼の話す言語は英語である。コンテクストが混在した状況で、彼は次第に理不尽な要求をし始める。一連のパフォーマンスに対する、通勤に忙しい人々の反応の記録。

あいまいな日本の私たち」 2019     (trailer) 

映像 533

作家は街頭にて、セルフィ撮影状態でひたすら待機する。そして道行く人がカメラに映り込んできて、ポーズを決める瞬間を記録する。現代社会において「出会い」は周到にデザインされている。しかしここに映っているのは、ルール(カメラで撮影している人の邪魔してはいけない等)を破って出会ってくれてた人たちである。

 

「フォーマルシティー」 2019     (trailer) 

映像713秒、パジャマ、スーツ

日本中が新しいスタートを切る4月。定職のない僕は部屋で一人、疎外感を感じていた。 ある朝僕は都心の出勤ラッシュのなか、パジャマからスーツに着替えるパフォーマンスをした。スーツを身にまとった瞬間、 少しだけまわりになじめた気がした。

 

「セブンイレブンで、セブンイレブンを買う」 2018     (trailer) 

映像529秒、スマートフォン、セブンイレブンネットプリント、ハサミ、カッター、定規、テープ

個展を開くギャラリーの真向かいにセブンイレブンがあり、私はそこをよく利用していた。展示の準備疲れで歩く気力もなくなったある日、ふと思った。「このギャラリーがセブンイレブンだったらよかったのに」

これはセブンイレブンの外観を撮影し、それをセブンイレブンのネットプリントで印刷し、それをセブンイレブンで買ったハサミとテープで貼り付け、ギャラリーにセブンイレブンをコピペするという作品である。

 

「逆パノプティコン」 2016     (trailer) 

映像 625

現代の都市は、細かく細かく管理されている。そんな都市の公園にソフトなハッキングを仕掛けることを試みた。最初に誰も気づかない小さな植物を植え、それを少しずつ少しずつ大きなものに変えていく。ぼくたちは日々多くの情報を受け取りながら生活している。そして同時に、多くの情報を見逃しながらも生活している。