archive : リー・ウェン LEE Wen

archive : リー・ウェン LEE Wen

English

リー・ウェン(李文 1957~2019 )は、 シンガポールで最も国際的に認知されている現代アーティストの一人。リーは、自分の体に鮮やかな黄色のポスター絵の具を塗った「Yellow Man」シリーズでよく知られており、シンガポール国民としての自分の民族的アイデンティティを誇張して表現している。リーは、シンガポールと東京を拠点に、世界各地で幅広く活動した。

リー・ウェンのパフォーマンスやインスタレーションは、個人や社会構造のイデオロギーや価値観を明らかにし、疑問を投げかけるものが多い。彼の作品は、東南アジアの文脈と現代美術の国際的な流れを結びつけることを試みている。初期にはシンガポールのオルタナティブ・アート・グループであるThe Artists Village(TAV)に参加していたが、その後、より個人的な芸術活動を展開している。リーは、シンガポール・ビエンナーレ(2014年)、釜山ビエンナーレ(2004年)、第3回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(ブリスベン、1999年)、セックスタ・ビエナル・デ・ラ・ハバナ(1997年)、光州ビエンナーレ(1995年)、第4回アジアン・アート・ショー(福岡、1994年)などに出品している。

アーティストとしてのリーは、ソロ作品にとどまらず、コラボレーション、ネットワークの可能性を求め、海外のアーティストや、若い世代と積極的に関わり続けている。国際的には、1999年からは、様々な国や文化的背景を持つアーティストで構成された、Black Market Internationalに参加している。国内では、2003年、The Artists Village(TAV)の支援を受けて、国際的なパフォーマンス・アート・イベント「The Future of Imagination」を、また、シンガポールにおけるパフォーマンス・アートの実践、言説、インフラ、観客を支援し、発展させるためのプラットフォーム「R.I.T.E.S.- Rooted In The Ephemeral Speak」(2009年)を立ち上げました。 2012年には、Independent Archiveを立ち上げ、シンガポールだけでなく国際的に展開されているアートのドキュメンテーション、リサーチ、リソースの共有を行った。没後、それらの資料は、国の美術機関と香港のAsia Art Archiveに寄贈された。http://leewen.republicofdaydreams.com/
https://aaa.org.hk/en/collection/search/archive/lee-wen-archive
https://youtu.be/o881i7EV5iA

 

venue : Jogjakarta, Indonesia
date. 25~27th April, 2007
project : Perfuerbance #3, Performance Art Urban Festival
organized by Performance Klub
camera and edit by Sakiko Yamaoka

 title : untitled
venue :  東京藝術大学大学美術館 陳列館 
date : 14th October 2000
project : Performance Art!
organized by 東京藝術大学大学美術館 
curated by 野口玲一, 山岡さ希子 
camera : 野口玲一  
digitized and edited by 山岡さ希子 IPAMIA