archive : レイフ・ホルムストランド Leif HOLMSTRAND

archive : レイフ・ホルムストランド Leif HOLMSTRAND

artist

English

1972年生まれ。アーティスト、ライター。1997年よりスエーデンの古都マルメ市に在住。ゴミやテキスタイル、切断された家具などを加工して作られた重厚な彫刻的インスタレーション作品と、サウンド・インスタレーション、写真、編み物、テキスト、ビデオなどマルチにメディアを扱う作家です。また、その中でも、パフォーマンスアートは、重要な役割を果たしています。また、日本の現代美術の研究者でもあり、日本のアーティストとのコラボレーションも行いました。最近の作品では、サブカルチャー現象である「バグチェイシングbugchasing」、アーティファクトとしての廃棄物、クィア、倒錯、そして死をテーマにしています。

Title : OGOGUGU
2020-04-08の日記としてのパフォーマンス。歌って、半分踊っています。衣装はほぼ完璧。

 

Title : 目覚めのフィルム(再演不可能)
2019年にスウェーデンのマルメにあるパノラシネマで開催された「Fish Tank」展で撮影された、アートハプニングの記録を基にしたショートビデオです。このアイデアは、3日間の撮影パフォーマンスアート作品の中で音楽と動画を制作し、長尺の音楽映画、または、より多くの短編映画にするというものでした。最終的には正方形の無声映画になる予定でした。

 

Title : Nonsense Translation
date: September 23, 2018
venue: Zarya Center for Contemporary Art in Vladivostok, Russia
Documentation by Ksenija Shmel and Vadim Martynenko.

3時間のパフォーマンス、ハプニング、そしてアクション。

 

Title : FAKE BONES
date: 17 – 26th September 2015
venue: LILITH PERFORMANCE STUDIO, Malmö, Sweden