山岡さ希子(山岡佐紀子の表記もある)は、“ひとつの場所・ノットとしての身体を引き受ける運命的な”プロセスであるパフォーマンスアートの思想をベースに、パフォーマンスアート、映像、写真、ドゥローイング(絵画)などの作品に取り組んでいる。これまで、時間の彫刻、個人の妄想、公共空間、などがテーマとなってきた。1992年にシンガポールのThe Artists Villageの企画イベントSingapore Art festival of Fringeに参加したのを皮切りに、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジアなど22カ国以上の様々なアートフェスティバルや展覧会に参加してきた。2000年、東京藝術大学大学美術館にて「Performance Art!」というイベントを企画。2004年、国際交流基金の派遣事業でドイツ、ケルンのE.P.I.Zentrum(ヨーロピアン・パフォーマンスアート・インスティチュート・センター)に半年ほど滞在し、パフォーマンスアートについて研究。2005年横浜トリエンナーレ応援企画の「横浜港湾行為借景計画」を企画、2人のドイツ人アーティストと9人のアーティストたちと寿町に滞在し、埠頭までの路上にてパフォーマンスツアーを行った。2007年グラスゴーのNational Review of Live Artから招待。2010、2012年は、Dislocateという東京ベースの企画に参加、パブリックスペースについての作品を連続して作った。2013年、クリティバ・ビエンナーレ(Brazil)に招待参加し、映像作品を作る。2016年に、パフォーマンスアートの記録映像のアーカイヴ IPAMIA (Independent Performance Artists Moving Images Archive)を設立。

By thoughts of performance art of that is a “destined” process for undertaking a body as one place //node. She works not only performance art but also moving images, photographies, drawings(paintings). She has been interested in creating sculptures of time, opening delusion in individual minds, questioning for public spaces.Since her performance in Singapore Art festival of Fringe (organized by The Artist Village ,1992), she has taken part with various kind of performance art festival in more than 22 countries, Europe and North/South America and Asia. Then she organized the event “Performance Art!” in The University Museum, Tokyo National University of Fine Arts and Music (2000). She stayed and researched performance art in Europe at E. P. I. Zentrum (Cologne, Germany) dispatched from Japan Foundation (2004) for half a year. And then she presented her work in “National Review of Live Art” (Glasgow, U.K., 2007). In 2010 and 2012, She participated with an art project called ”Dislocate” based in Tokyo and created performance series about public spaces. She created moving images work about relation of individual desires in “Curitiba Biennale” (Brazil, 2013). In 2016 she found Independent Performance Artists Moving Images Archive(IPAMIA). sakikoyamaoka.com

title : Relocation
date : September 2014
venue : Singapore
project : Future of Imagination 2014
photos : watan wuma

 

title : Wind from Sky vol.4
date : 12th September 2011
venue : Koganei Art Spot – Chateau 2F 小金井アートスポット シャトー2F
project : Château Performance-art Margaux

 

title : Best place to Sleep
year : 2007
venue : ATM in Mitsubishi UFJ Bank Head office, Tokyo

 

title : Angels are Watching
date : 2010
venue : Akihabara station,Tokyo
project : Dislocate 10 (Emma Ota)

 

title : Wind from Sky
date : 2008
venue : Toronto
project : FADO Performance art+7a*11d

 

title : 死んだせみの重さを知るために
date : 1999
duration : ’33”12 
venue : Free space PRAHA, Sapporo, JAPAN /フリースペースプラハ、札幌
coordinator : Kazuyo Yasuda/安田和代 
co-sponsor : PRAHA Project
camera : Taku Ohashi /大橋拓 
digitized from VHS by IPAMIA