ipamia event 13 : Durational Performance Project Tokyo 2024

ipamia event 13 : Durational Performance Project Tokyo 2024

2024年IPAMIAは、東京都北区東十条のアーティストランスペースJungle Gymとの共同企画で、「Durational Performance Project Tokyo (DPPT)」を行います。

Durational Performanceとは、定義が未だ曖昧ですが、Endurance Performanceという言い方もあり、通常の印象よりも、かなりの長時間に行なう、身体負荷の大きめのパフォーマンスを指します。過去にも洋の東西を問わず、それにあたる表現は記録/記憶されていますが、そのような言葉で指し示すようになったのは、おそらく2010年前後ではないかと思われます。それについては、IPAMIAでリサーチ中です。

プロジェクトでは、それに関わる資料をリサーチしながら、ワークショップ、レクチャー、展覧会(公演)を積み重ねて行きます。

2024年1月の非公開のワークショップでは、読書会として、Durational Performanceを実践し、修士論文にした、オーストラリアのアーティストのテキストを、メンバーで読み込み、ディスカッションする作業をいたしました。 以下にこれからの公開イベントを紹介します。 企画は順次公開して行きます。


第1回 ワークショップ  2日間、合計8時間パフォーマンス 

プレゼンテーター:石田高大 パフォーマンス《6つのサイコロ》

2024年3月22日(金) 12時〜17時 パフォーマンス 
2024年3月23日(土) 12時〜15時 パフォーマンス /  15時~17時 ディスカッション

会場:PARA  東京都千代田区神田神保町2-20-12 第二冨士ビル2階
※両日、入退場自由   ディスカションは、おいでくださった方はみなさん参加できます。
料金:無料(カンパ制) 

企画:DPPT (IPAMIA +Jungle Gym)     企画協力:PARA 

予約・問い合わせ: https://ipamia.net/contact-us/ または、ipamiarchive@gmail.com

石田高大 Ishida Takahiro 1995年富山県富山市生まれ。2020年東京大学農学部環境資源科学課程卒業。
大学在学中、芸術に広く関心を持つようになる。2020年頃より、撮影スタジオや路上にて、その場にあったものや日用品を使って思うままに踊り、遊ぶ、その様子を知人に写真に撮ってもらっていた。次第に、パフォーマンスアートとして制作を始めた。制作では、自身の経験や内面の世界に最初の着想を得ている。https://linktr.ee/takahiroishida

DPPTのアーティストとしての実働メンバーは、Jungle Gymから山﨑千尋、IPAMIAからは石田高大、北山聖子、中谷尚生、山岡さ希子、そして、ライターの平岡希望です。