archive : ボリス・ニエズロニー Boris NIESLONY

archive : ボリス・ニエズロニー Boris NIESLONY

English

1945年生まれ。Boris Nieslony は、21歳の頃からイメージ、アクションとしてのLife、そして思考の世界に没頭してきた。様々な職業を経験した後、1970年からベルリン芸術アカデミーとハンブルグ芸術アカデミーで美術と哲学を学び、1976年に修士課程を卒業した。

彼は、言語と概念を研究し、理論を実践として、また、実践を理論として形成するため、実に様々なオーガナイゼーションを設立した。彼の仕事の方法は、常にインターメディア的と言える。

芸術的な表現(展示スペースやプロジェクト)に加えて、「Communicating Tube Archive」、「Anthropognostic Tableware」(百科事典のようなアーカイブ彫刻)、「Paradise」などという知覚の実験室のプロジェクトをも、長年の美学的・哲学的な研究に基づいて進めている。

1981年に始めたパフォーマンスアートのアーカイヴ「Die Schwarze Lade( Black Kit )」は、1975年以降のパフォーマンス・アート分野における組織、アソシエーション、アーティスト・ラン・スペース、最も重要な国際プロジェクトのドキュメントを収集しており、おそらく、現在世界最大のパフォーマンスアートのアーカイヴである。4000人以上のアーティストの資料、何千枚もの写真、個々のパフォーマンスの遺物やビデオが含まれる。また、公共スペースでのパフォーマンス・アート、コラボレーション、芸術間のクロスオーバー領域などのインターベンション・アートに焦点を当てた10,000以上の理論的な出版物も含まれている。

1984年に設立したASA(Art-Service-Association)は、パフォーマンス・アートやアクション・アートといった文化的に多様な分野での協力、コミュニケーション、サービスを目的とした組織である。重点がおかれたのは、世界中のネットワークを精査的に形成することであり、また、非常に早い時期からインターネットを活用し、コミュニケーションと情報の伝達に力を入れた。さらに30日間のプロジェクト「The Council」を皮切りに、パフォーマンスアートのアソシエーション「Black Market International」(1985)を設立した。

「アーカイブはどのようにして知識を生み出すのか」という問いから、ゲルハルト・ディルモザー氏とコラボレーションし、パフォーマンスやパフォーミングアートの文脈を図式化(ダイアグラム)した。また、次のステップとして重要なのは、「パーマネント・パフォーマンス・アート・コンフェランス」の設立である。そうして世界各地で17回のカンファレンスが開催された。「E.P.I.Zentrum」(European Performance Institute、2002年設立)は、理論と実践の相乗効果を目指して設立された。そこで理論化された「Encounter-mediate-transform(出会い-媒体-変容)」は、「オープンソースとしてのパフォーマンス 」を考え、アクションするためのコンセプトの礎となった。このコンセプトを実現するために、2010年に「Aktions-Labor PAErsche」というプラットフォームを立ち上げた。

彼の仕事は、イメージや素材の研究、写真、インスタレーション、オブジェクトアート、セミナー、レクチャー、コミュニケーションモジュール、パフォーマンス、世界各地での展覧会など、その分野は多岐にわたる。

(以上は、https://i-pa.org/portfolio-item/boris-nieslony-germanyipa-summer-2006-at-fusion-ground-germany-and-ipa-the-hague-2016/ と、https://www.performanceartarchive.comからの翻訳にプラスアルファした)

 

2018 Boris Nieslony making a performance in an abandoned house in Pyramiden, Svalbard. Showing the performance in its full length.

 

Performance by Boris Nieslony in the city center of Longyerabyen. Boris is working with his body and stones from the riverbed. Duration: 62 minutes

 

 

Title : MA
date: 9th October 2005
venue : BankART Studio NYK Yokohama
project : Art of Begegnung 出会うための芸術 はじまりの場所
camera and edit : Sakiko Yamaoka IPAMIA

 

date : 9th October 2005
co-performer : Jurgen Fritze
project : Art of Begegnung 出会うための芸術 はじまりの場所
camera and edit : Sakiko Yamaoka IPAMIA

 

Title: MA
date : 18th October 2005
venue : はちはちInfinity Cafe, Kyoto
project : Art of Begegnung 出会うための芸術 はじまりの場所
camera and edit : Sakiko Yamaoka IPAMIA

 

date : 22nd October 2005
venue : HiroshimaHiroshima Peace Site, Japan/広島平和記念資料館
project : Art of Begegnung 出会うための芸術 はじまりの場所
camera and edit : Sakiko Yamaoka IPAMIA 

 

Title : MA
date : October 2003
Venue : Tokurakamiyamada Junir High School 戸倉上山田中学校
project : Art Plu. jp
camera and edit : Sakiko Yamaoka IPAMIA