ipamia event 15 :DPPT  performance workshop vol.2

ipamia event 15 :DPPT performance workshop vol.2

パフォーマンス:山岡さ希子 《往復する拳 Fists going and forth 》         

2024年5月27日(月@PARA

パフォーマンス 10:00~18:00 山岡は一人でやります。 
ディスカッション 18:30~20:00 おいでくださった方はみなさん参加できます。

会場:PARA  東京都千代田区神田神保町2-20-12 第二冨士ビル2階
※入退場自由   
料金:無料 入退場自由 飲食自由 

企画:DPPT +PARA 

予約・問い合わせ: https://ipamia.net/contact-us/ または、ipamiarchive@gmail.com

片手で持てる程度の石を何個か扱う、シンプルだけど、心や体の変化も動きに反映するようなパフォーマンスをします。今は、PARAのロケーションの近くに複数ある小さな公園で拾ってきて、別の日に戻しに行くというようなことを考えていますが、もしかして、都会の公園には何もないかもしれないので、その場合、埼玉県寄居町の荒川(玉淀と呼ばれる)の丸い石を拾いに行こうと思います。それも別の日に戻しに行きます。

DPPT*とは、Durational Performance Project Tokyoのことです。Durational Performanceとは、定義が未だ曖昧ですが、通常の印象よりも、かなりの長時間に行なう、身体負荷の大きめのパフォーマンスを指します。過去にも洋の東西を問わず、それにあたる表現は記録/記憶されていますが、そのような言葉で指し示すようになったのは、おそらく2000年前後ではないかと思われます。プロジェクトでは、それに関わる資料をリサーチしながら、ドゥレーショナル・パフォーマンスのワークショップ、展覧会(公演)を積み重ねて行きます。

*DPPTのアーティストとしての実働メンバーは、山﨑千尋、石田高大、北山聖子、平岡希望、山岡さ希子です。

山岡佐紀子については以下:

archive: 山岡さ希子のアートスペースでの作品 Yamaoka Sakiko in Art Spaces
English こちらは山岡による、美術館、ギャラリースペースなどアートスペースでのパフォーマンスを紹介します。パブリックスペースでの作品はこちら 山岡さ希子(…
ipamia.net