Oral History Project オーラル・ヒストリー・プロジェクト 2022

Oral History Project オーラル・ヒストリー・プロジェクト 2022

2022年、IPAMIAは公益財団法人小笠原敏晶記念財団の助成を受け、オーラル・ヒストリー・プロジェクトを実施しております。日本におけるパフォーマンスアートの記録のミッシングリンクとも言える、1980年代のパフォーマンスアートシーンを調査するため、その時代に活動をしていたアーティストや企画者の人たちにインタビューをし、テキストや画像、動画などで記録するというものです。

以下は、進捗状況です。現在インタビューが終わっており、書き起こし作業中のプロジェクトは以下です。

荒井真一さん(1958年生まれ) 2月11~12日 インタビュー
西島一洋さん(1952年生まれ) 4月15日 インタビュー
谷川まりさん(1963年生まれ) 6月11日   インタビュー
村田真さん(1954年生まれ) 8月20日 インタビュー
丸山常生さん(1956年生まれ)10月16日(予定)

<プロジェクトメンバー>
インタビュアー : 山岡さ希子、北山聖子、橋本匠、瀬藤朋 他
他スタッフ(書き起こし、整理)

<機材>
ビデオカメラ、ICレコーダー、PC、スキャナー

<アドバイザー>
井出竜郎(アート&ソサエティ研究センター、IPAMIA)
作田知樹(アーツカウンシル東京、IPAMIA)
小勝禮子 (元栃木県立美術館学芸員、美術評論家)
中嶋泉 (大阪大学准教授、日本美術オーラルヒストリーアーカイヴメンバー)

<参考研究>
日本美術オーラルヒストリーアーカイヴhttp://www.oralarthistory.org
https://www.ameet.jp/digital-archives/406/